FC2ブログ

新治こまちパラグライダースクールフライトログ

秋の信州、栂池移動スクール!
2016年10月20日(木)

10月15日(土)~10月16日(日)の移動スクールのレポートです♪♪♪

今年の春、白馬栂池パラグライダースクールさんを
お借りしての移動スクールは
コンディションにも恵まれて大成功でした。

そんな栂池でいい思いをしてしまった皆さんのリクエストにお応えして、
今年は秋の舞台も栂池さんに決定!
残念なことに週明け平日のお天気が崩れてしまい、
平日組さんには申し訳ないのですが、土・日の2日間で開催しました!

土曜日、皆さん早朝移動で栂池さんのクラブハウス「エデン」に到着。
もう何度も開催されているエリアなので、経験者は先行移動、
初めての方は標準コースやアプローチ講習を行ってから
ゴンドラリフトでテイクオフに集合しました。

ni161016_tsuga02.jpg ni161016_tsuga03.jpg
▲このゴンドラでテイクオフに行く、というのがワクワクさせられますね♪

少し西風交じりですが、回り込みでテイクオフはできそうなコンディション。

ni161016_tsuga04.jpg
まずは1本、エリアに慣れるでフライトを行いました
空域もややサイド、編流修正飛行で標準コース
そしてLDアプローチをしっかりと覚えます。

日中はわずかに差し込んだ日で弱いソアラブルなコンディション。
教習生はスロープエイトでじっくりと一定の空域に留まる練習や
360度旋回といった高度があるからこそできる練習を。

慎一パイロットは広く空域を使ってリフトを探る練習、
清さんと森さんは標準コース上のサーマルを拾って
テイクオフ上空を悠々と1時間のフライトでした

初日は教習生も3本、それぞれの課題に合わせた
練習ができる理想的な教習コンディションになりました。


日曜日は…うーーーん、晴れすぎ!ました。
朝イチからテイクオフには4m/s近いサーマルブローが入り込み、
空域も土曜日以上にソアラブル。
教習生はじっくりとテイクオフでコンディションが落ち着くのを待つことに。。

一方でパイロットはガツンとしたコンディションでのソアリングの練習日。
北の稜線上を駆け上がるブローをリッジで捉え、
稜線から離脱したサーマルに切り込んでセンタリング。
高度を上げると別の稜線に取りつくことができるので
アクセルを踏み込んで次のポイントに移動…と、
地形と風を見極めながらフライトする絶好のコンディションになりました。

慎一さんは前日に探っていた空域をフルに使って
約2000mまで高度を上げ、1時間30分のロングフライト
「ちょっとおっかないコンディションだった」との事、
やっぱり秋に入ってパイロットが腕を磨くシーズンに
入ってきたかな、と感じさせました。
後藤校長先生も、この秋一番の良コンディションだったと仰っていました。


ソアリングもいいのですが、何より素晴らしいのは…北アルプスの紅葉
白馬の標高の高いところは今が紅葉の見頃ということもあり、
テイクオフすると眼前に広がるは紅く染まった木々。
もう絶景~でした!!

ni161016_tsuga06.jpg ni161016_tsuga05.jpg

▲この紅く染まった山を飛ぶのは最高ですよね!

この日は結局3時頃までパイロットコンディションが続いてしまい、
少し雲が張ってきた…と思ったら夕方の吹きおろし
教習生のフライトチャンスが1時間も無く、全員フライトとならず残念でした。


2日間でそれぞれ違うコンディションに巡り合い、
初日は教習生、2日目はパイロットとそれぞれが理想とする
フライトができたので今回も大成功でしょう

今年のこまち、移動スクールはツイてます

栂池さんは11月の上旬で今年のエリアとしてはクローズ、
間もなくスノーシーズンに突入します。

また来年の春、次は新緑の季節に再訪したいですね!

ni161016_tsuga07.jpg
いつも暖かく迎えて下さる栂池パラグライダースクール、そしてペンションシルバーファーンの皆さま。

今回もありがとうございました!

スポンサーサイト



新治こまちPGS at 21:48 【こまちインフォメーション
トラックバック(0) : コメント(0)
前後の記事
コメント
コメントを投稿する










 管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL